いま使ってるiPhone 5はソフトバンクの2年縛りがまだ8ヶ月も残っているので、しばらくiPhone 6は我慢しようと思っていたのですが、ここに来て急激に動作が重くなってきて、なおかつ「仕事上いまどき5使ってるのもどうなの」って感じになってきたので、ついに6に買い換えることにしました。

そこで悩むのがキャリアの選択。MNPでドコモかauに乗り換えるか、ソフトバンクのまま機種変更するか、それとも思い切ってSIMフリーにしてしまうか。選択肢として最初に消えたのは、auへのMNP。通話しながらデータ通信できないのは不便すぎるのでね。VoLTEが本格普及するまでは選べません。次にドコモだけども、生粋のiPhoneユーザとしてはそこに行ったら何か負けのような気がするので、できる限り選びたくない(この判断に合理性は全くありません^^;)。そうすると、残る選択肢はソフトバンクに残留するか、もしくはFA宣言よろしくSIMフリーで羽ばたくかの二択になる訳です。実際のところ、キャリアに縛られないSIMフリーiPhoneはかなり魅惑的。

ここに来てMVNOによる格安SIMサービスが花盛りで、ぷららが最大3Mbpsながら2,980円でLTE無制限のサービスを提供してるけど通話できないから残念だなーと思ってたら、回線品質で定評のあるIIJmioが通話付き3,260円でSIMカードが3枚も付いてくる「みおふぉん」のファミリーシェアプランを7GBまで増量と心動くニュースが。そして極めつけは、U-mobileが通話付きで下り最大150MbpsのLTE無制限プランを激安の2,980円で開始という信じられない展開に。毎月キャリアに1万円近く払うのがバカバカしくなってきます。

とはいえ、ぷららは通話ができないので論外としても、U-mobileについても実行速度が遅すぎて使い物にならないという報告が相次いでいて、今後状況が改善する可能性はあるものの今はちょっと選びにくい。そうなるとIIJmioのみおふぉんが現実的な選択肢になってくるんだけど、よく考えてみると、今でもソフトバンクに払ってる料金って通話料を除くと月々4,000円を切ってるんですよね。信じられないかもしれないけど、ホワイトプラン無料+パケット定額5,200円+オプション料金諸々775円−月々割1,982円=3,993円なんですよ(iPhone 5は現金一括で買ったので残債なし)。この美味しい条件があと8ヶ月も続くわけです。しかもソフトバンク同士の通話は無料だし、いま解約すると違約金9,800円も取られるしで、それを考えると月額3,260円のみおふぉんに移るメリットは少なくなってきます。留守番電話も使えないし。

というわけで出した結論が、アップルストアでSIMフリーのiPhoneを買った上で、ソフトバンクの回線をそのまま使うプラン! ソフトバンクのサイトを見ると「他社が販売する携帯電話をソフトバンクモバイルで利用する」ことが正式に認められているようです。今の契約内容がそのまま継続できるのか一抹の不安があるので、それは明日にでも調べてみますが。MVNOの格安SIMはこれからも次々と新しいのが出て来そうなので、2年縛りが切れる8ヶ月後に、満を持してソフトバンクを卒業しようと思います。ぷららが通話付きのプランを出してくれると嬉しいんですけどね。まぁ、そんな感じで。

Post | Edit